男性バンド

Suck a Stew Dryのギターは超有名バンドの同級生!

suckastewdryの紹介

現在Suck a Stew DryはTHURSDAY’S YOUTHに改名して活動しています

 

ハジオキクチ :ギター、コーラス

イタバシヒロチカ :ドラム

フセタツアキ:ギター、コーラス

篠山コウセイ:ギター、ボーカル

スダユウキ:ベース

※現在フセタツアキさんは脱退しています

 

Suck a Stew Dryの簡単な経歴

Suck a Stew Dryサック ア ステュー ドライ)

・2010年結成。同年「RO69」の「RO69JACK 2010」入賞。

・2011年11月16日にデビューミニアルバム「人間遊び」をリリース。

・2012年12月07日、ベース・モウリスグルが脱退。

・2013年04月13日 サポートとして参加していたベース・スダユウキの正式加入を発表。

・同年11月20日、ファーストEP「世界に一人ぼっち」をリリース。

・2016年12月6日のライブを最後にフセタツアキが脱退。

・2017年3月にTHURSDAY’S YOUTHに改名し活動再開

 

Suck a Stew Dryはどんなバンド?

ネガティブな感情をストレートな歌詞に仕上げます。

 

Suck a Stew Dryのバンド名の由来

直訳は「シチューを無くなるまですする」という意味。

これはボーカルの篠山さんが辞書を引いている時に「suck a orange dry(オレンジをすする)」という分をorangeをstewに変えてみると字面が良かったのでそれに決めたそう。

 

もともと、辞書を引いていたら、suck a orange dry っていう、「オレンジをすする」っていうのが書いてあって、そこから思いつきました。orangeをstewに変えてみて、字面が良かったので。(hmv

 

略称は「Suck(サック)」「シチュー」「SaSD」「サクドラ」など。

読みづらいのでこちらで呼びましょう。

 

Suck a Stew Dryがギターが3人の理由

音楽性的なもので3人ギターを集めたのではなく、単にギターができる人間が3人いたためにSuck a Stew Dryはギターが3本あるそうです。

※2016年12月6日のライブを最後にフセタツアキが脱退してギターは2本になります

 

Suck a Stew Dryと超有名バンドとの接点

ギターのキクチさんはゴールデンボンバーの鬼龍院 翔さんと高校の同級生で、同じ軽音楽部に所属していたそうです

キクチさんだけ大学に入るのが遅かったため、1983年生まれで最年長となっています。(他のメンバーは1987~1990年生まれ)

 

Suck a Stew Dryのいつもと違う一面

人間のダークな部分を全面に出す歌詞が印象的な彼らですが、悪く言えば「根暗」なイメージが強いです。しかしアルバム「N/A」のリード曲である『GOEMON』ではその様な印象をぶっ飛ばしています。

 

この曲の作詞作曲はギターのキクチさんみたいです。

 

Suck a Stew Dryのネコのキャラクターは?

サックアスチュードライの猫

こちらはSuck a Stew Dryのジャケットやグッズなどに描かれているネコのイラストです。

これらはイラストレーターのフクモトエミさんが描いています。

彼女は他にもバンドのイラストを多数手がけており

QOOLAND

indigo la End

秀吉

などのイラストも描いています。

Suck a Stew Dryと温水洋一との関係

ミニアルバム「Wake me up!」のリード曲である『ウェイクミーアップ』のMVに温水洋一が起用されています。

これはSuck a Stew Dryの方から温水洋一さんへオファーを出して決まったそう。

「過去に思い描いていた自分とはほど遠い現在の自分」をテーマにした歌詞世界を、温水氏に演じてほしいというメンバーの思いからオファーに至り、主演としての起用が実現したということだ。(barks

ドラマ仕立ての良いMVです。

Suck a Stew Dryのオリコンランキング

<シングル>

世界に一人ぼっち:75位

アンドアイラブユー:49位

モラトリアムスパイラル:28位

 

<アルバム>

ラブレスレター:136位

ジブンセンキ:46位

Wake me up!:36位

N/A:48位

 

Suck a Stew Dryのおすすめ曲

『リトルラブソング』

:ジブンセンキ収録

『誰にでも当てはまる良くできた言葉で君を好きだと言っても』

:Wake me Up!収録

『一人じゃ生きれないわけでもない』

:N/A収録

『ヒーロー』

:世界に一人ぼっち収録