男性バンド

60秒で分かるまちがいさがし(バンド)の紹介!!

まちがいさがし

まちがいさがし

佐々木:ボーカル&ギター
Mくん:ギター
Wくん:ベース
Kくん:ドラム, コーラス

 

まちがいさがしの簡単な経歴

・2011年にSCHOOL OF LOCK!閃光ライオット2011東日本大会に進出

・約4年半のブランクを経て2016年10月からYouTubeに楽曲を公開し始める

・2019年2月9日には東京吉祥寺でのワンマンライブ

 

まちがいさがしはどんなバンド?

まちがいさがしは社会人4人組からなるインターネットロックバンドによる自己内省音楽です。宮城県発のバンドです。

 

まちがいさがしが影響を受けたバンド

まちがいさがしのボーカル佐々木さんが音楽に興味をもったきっかけは中学2年生の夏休み。いとことCD屋に行った時に気まぐれで買ったバンプオブチキンの『プラネタリウム』に衝撃を受けたそう。

 

 

まちがいさがしのメンバー

まちがいさがしのメンバーの情報は少ないですが、現時点で分かっている事は全員東北大学に在籍していたらしいです。

そしてボーカルの佐々木さんは閃光ライオット2011のインタビューで「音楽で沢山の知らない人を味方にしていじめたヤツを見返したい」と意気込んでいます。

 

そしてメンバーの特徴は以下になります。

 

 

まちがいさがしのCD

2018年12月の時点ではまちがいさがしのCDリリースはありません。

唯一リリースしているのは配信曲になり「モナレコ・コンピ」の配信コンピレーションアルバムに参加し『少しずつどうでもよくなる』(1曲150円)を配信しています。

 

ちなみに「モナレコ・コンピ」とは音楽の町下北沢から全国・全世界へ発信すべく制作される人気コンピシリーズです。

 

まちがいさがしにKANA-BOONも注目!?

まちがいさがしの『似たようなラヴソングに騙されて』にKANA-BOONのめしださんも以下の様につぶやいています。

 

 

まちがいさがしの活動休止の理由

まちがいさがしは閃光ライオット2011の後約4年半のブランクがありましたが、その間にメンバーは大学、そして社会人の道を歩んでいたそう。

活動休止の主な理由は不明ですが2014年の8月に佐々木さんは以下の様につぶやいて、Twitterを開始しています。