男性バンド

60秒で分かるLUCKY TAPES(ラッキーテープス)の紹介

ラッキーテープのバンド紹介
引用:公式HP

LUCKY TAPES(ラッキーテープス)

高橋海:ボーカル&キーボード
田口恵人:ベース
高橋健介:ギター&シンセサイザー

 

LUCKY TAPESの簡単な経歴

・2014年結成

・2015年デビューアルバム『The SHOW』をリリース

・2016年、映画『オオカミ少女と黒王子』の挿入歌を2曲提供

・2018年5月に『22』でメジャーデビュー

・同年10月にメジャーデビューアルバム『dressing』をリリース

 

LUCKY TAPESのバンド結成まで

ラッキーテープスのメンバーは元々SLOW BEACHとして活動していました。

 

ラッキーテープスの結成のきっかけは、久しぶりにメンバーで集まりボーカルの海さんと元ドラムとベースの田中さんと3人でご飯に行った時にマイケル・ジャクソンの「ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド」が最高だと盛り上がり、スタジオに入っているうちにオリジナル曲が生まれ「この方向性で何か新しい事をやってみよう」と始まったのがきっかけです。

 

そしてギターの健介さんは大阪ライブの時にドライバーが足りず、最初は運転手として呼ばれました。その時に海さんから「せっかくだからギターも弾いちゃえば?」と言う話しになり、それから加入の流れになりました。

参考:meetia.net

参考:tracks-live

 

LUCKY TAPESのバンド名の由来

ラッキーテープスのバンド名は居酒屋で考えたもの。

肝心な由来ですが特に意味はなく響きの良い単語を並べて決めたそうです。

 

ちなみに歌詞を書く時も海さんは基本単語の響きを重視しているそうです。

そもそも自分が音楽を聴く時に、歌詞よりは音で聴くという部分が大きいし、音が気持ち良ければいい曲だなと思えるので。引用:carelesscritic

参考:musicvoice

 

LUCKY TAPESのメンバー紹介

高橋海:ボーカル&キーボード

ラッキーテープスのボーカル高橋
引用:Twitter

・小学生の頃からエレクトーンを習っている

・ソロ名義でthe HIATUSの「Thirst」のリミックスをやったことがある

 

田口恵人:ベース

ラッキーテープスのベース田口
引用:Twitter

・父親がハワイアン・ロックバンドを組んでいた

・sumikaのレコーディングに参加している

 

高橋健介:ギター&シンセサイザー

ラッキーテープスのギター高橋
引用:Twitter

・ギターを弾くきっかけになったのはゆず。中学生の時に好きな子がゆずが好きだったから

・内定をけってラッキーテープスに加入した

・ビールが大好き

・田口さんの高校の後輩

 

ラッキーテープスのメンバーの年齢

ラッキーテープスのメンバーの年齢ですが、高橋海さんは1991年7月28日生まれ高橋健介さんは1993年2月13日生まれ、田口恵人さんは1991年9月8日生まれとなっています。

 

ラッキーテープスの俳優デビュー

此元和津也が脚本を務めるクリスマス限定ドラマ「MATCH girls」の主題歌にラッキーテープスのアルバム「dressing」に収録されている『ワンダーランド』が抜擢されました。

またこの時にボーカルの海さんはドラマ出演も果たしています。

参考:jvcmusic

 

ラッキーテープスのファーストEP「22」の意味

LUCKY TAPESのメジャーファーストEP「22」の数字に込められているのはボーカルの海さんがLUCKY TAPESを結成したのが22歳で、その時から現在を振り返って表現したため、22と言うタイトルになりました。

高橋:夜が幕を開ける22時、社会へ飛び込む22歳。そんな何かが起こることへの期待や不安に胸が高鳴る瞬間を描いていて 引用:tracks-live

ちなみに1曲進むごとに1歳ずつ年を重ねた時をイメージしています。

23歳・・『NUDE』

24歳・・『EASY』

25歳・・『MOOD』

26歳・・『ENCORE (Voice Space)』

 

 

ちなみに最後の曲はインストトラック。実際に台湾公演で録ったアンコールの時の歓声をサンプリングして使用しており、ここから1曲目に自然にリピート再生できるように考えています。

参考:emtg