女性バンド

60秒で分かるLucie,Too(ルーシートゥー)の紹介!

 

LucieToo

Lucie,Too

読み方は「ルーシートゥー」となります

 

Lucie,Tooはどんなバンド?

宇都宮発3ピースガールズポップバンドです。

メンバーの意外な経歴

Lucie,Too(ルーシートゥー)に注目が集まる理由は3人の経歴にもあります。

 

ボーカルChisa
⇒Someday’s Goneのボーカル・ニシヤシュンの従兄弟

ドラムシバハラナホ
⇒元sunny car washメンバー

ベースかなこ
⇒リーガルリリーのライブでサポートをつとめる

 

Lucie,Too(ルーシートゥー)のバンド結成まで

もともと高校の時に全員違うバンドをやっていました。そして高校を卒業してChisaさんのバンドが解散し、前のドラムと一緒にベースを探していた時にライブハウスの人からかなこさんを紹介されました。

そしてその後前ドラマーが脱退しサポートとして入ったナホが後に加入し今の体制になりました。

 

Lucie,Too(ルーシートゥー)のバンド名の由来

Lucie,Too(ルーシートゥー)のバンド名はアメリカのバンドの曲からきています。

アメリカのバンドの「Now,Now」と言うバンドがいて、そのバンドのようなダウナーな音楽をやるつもりでバンド名をLucie,Tooにしたそうです。

 

Lucie,Too(ルーシートゥー)のメンバー紹介

Chisa(クボタチサト):ギター&ボーカル

chisa

好きなアーティストはaiko、YUKI。

本名は「ちさと」で森高千里みたいになって欲しいと付けられました。

 

なほ(シバハラナホ):ドラム

naho

the cabsやcinema staffなどの残響系が好き。

子供の頃、戦隊モノが大好きでイエローになりたかった。

 

かなこ(セキザワカナコ):ベース

kanako

きのこ帝国とAMERICAN FOOTBALLが好き。

はじめて買ってもらったベースはフルカワミキ(ex-SUPERCAR/Ba/Vo)と同じシグネチャー機。

大学は明治学院大学法学部。

 

Lucie,Tooの楽曲の基盤となっている3組

ボーカルchisaさんの思い入れの強いアーティストを3曲は以下の通りです。

Now,Now / Giants

Stars / Calendar Girl

JUDY AND MARY / クラシック

 

Luckyは婚姻届けがテーマ

LucieTooの代表曲でもある『Lucky』はタイトルを「婚姻届けを出す日の歌」と考えていたほど幸せな曲で、ゼクシィのテーマ曲にして欲しいと思っています。そしてLucieTooの一番最初に書いた曲でもあります。

ただあまりに直接過ぎるからと言う事で『Lucky』に変更になったそうです。

『Lucky』は約1分40秒の曲になり、MVを見るとショートバージョンかと思ってしまうほどです。

 

ボーカルchisaの幼少期


ちなみにちささんは生まれた時の体重が4500gで病院始まって以来の巨大児だったそうです。

 

Lucie,Tooと栃木県日光市のコラボ

栃木県日光市は高校生や大学生などの若年層に向けた定住促進プロモーション事業の一環として、日光市の魅力を伝えるための「日光サードプレス」というプロジェクトを行っています。

そしてその日光サードプレスのプロモーションソングとして日光市内外の若者も巻き込んでLucie,Tooが「HOMETOWN」と言うタイトルの曲を完成させました。

グッドタイムミュージック“HOMETOWN”ができるまで

 

Lucie,Tooのオリコンランキング

LUCKY:103位